在庫管理システムを導入するにあたってのチェックポイント

このWMSソフトウェアの要件リストを使用して、ニーズに最適な倉庫管理ソフトウェア(WMS)を正確に選択します。 これらの倉庫管理(WMS)ソフトウェア要件は、モバイルコンピューター、音声ピッキングアプリケーション、無線周波数識別(RFID)テクノロジー、リアルタイムダッシュボード、モバイルWMSアプリなどを含む複雑な倉庫環境に対応しています。

以下のガイドは、倉庫管理システムを選択するのに役立ちます。

見落とされていたWMS要件を排除する
組織のすべてのニーズを詳細に特定します。
必要なWMSソフトウェア機能に対応するベンダー提案を入手する
提案された倉庫管理ソフトウェアに固有のリスクを評価する
WMSソフトウェアを比較する
組織の要件に最適なWMSソフトウェアを選択してください

 

 

次の倉庫管理システムに含める必要のある機能のチェックリストは次のとおりです。

受信

ドックのスケジューリング

倉庫管理者と入荷する運送業者がドックドアの予定とリソースのスケジューリングで協力するのに役立ちます

予定のスケジューリング

利用可能な労働力と設備のスケジュールを維持し、スケジュールされた運送業者の到着のためのリソースを割り当てます

クロスドッキング

新しく到着したアイテムを到着車両から出発車両にすぐに移動する最も効率的な方法を決定します

ヤード管理

マネージャーは、ヤード内のトラックとトレーラーの場所と内容を確認できます。

返品管理返品

の承認とアイテムの検査、修理、および再発送を容易にするために、リバースロジスティクスでユーザーを支援します

指示

た保管可能ユーザーは、個々の保管手順を最適化する事前定義されたルールをシステムに提供できます。

 

 

在庫管理

補充

いつ、いくつの新しい供給品を注文する必要があるかを計算することにより、最適な在庫レベルを維持するのに役立ちます

ロット追跡

アイテムをパレットにグループ化する前に識別番号を割り当て、ユーザーが倉庫内を移動するときに在庫を追跡できるようにします。

シリアルトラッキング

単一の製品ラインまたはすべての在庫アイテムに一意のトラッキング番号を割り当て、複製を許可または禁止し、ルールが守られていることを確認します。

サイクルカウント

年間を通じて在庫カウントサイクルのスケジュールを維持し、それらのカウントで検出された在庫偏差を追跡します

タスクインターリーブ

場所に基づいてタスクの順序付けられたシーケンスを割り当てることにより、倉庫内の労働者の移動時間を短縮します

品質管理

検査官を割り当て、記録を保存することにより、入出庫の供給の品質保証プロセスを促進します

労務管理

マネージャーが一連の主要業績評価指標(KPI)を使用して、従業員の生産性を向上させ、業績問題を特定するのに役立ちます

運送

ウェーブ管理

ワークロードを一連のウェーブに分割し、マネージャーが通過するウェーブごとに効率と生産性を測定および改善できるようにします

ゾーンピッキング

ピッキングフロアをゾーンに分割し、各ゾーンに作業員を割り当ててピッキング組立ラインを作成します

パッキングリストと請求書

特定のカートンに含まれるアイテムのリストと、注文されたアイテムと一緒に出荷されたアイテムを調整するための購入者向けの請求書を生成します

音声対応のピッキング

音声認識テクノロジーと連携して、ユーザーが特定の場所からピッキングされているアイテムの数をシステムに通知できるようにします

RFIDへの準拠

品目および貨物の無線周波数識別ラベルが、Electronic Product Code(EPC)および国防総省(DoD)の標準に準拠していることを確認します

事前出荷通知

出荷自体の前に船荷証券の明細書を送信し、顧客が輸送中の品目のためのスペースを準備できるようにします

受注処理

発注書新しい供給品の発注書の送信を自動化し、予想される出荷のリストに注文確認を追加します

WIP材料追跡

ユーザーが仕掛品(WIP)材料を片付けるのに最も効率的な場所を見つけ、WIP材料を別のWIP場所に転送するのを支援します

在庫の可用性

企業は、Available-to-Promise(ATP)在庫の場所と数量を追跡するのに役立ちます

電子注文入力

顧客とベンダーが安全なネットワークを介して出荷要求をすぐに作成および編集できるようにします

キッティングと組み立て

倉庫内のアイテムの組み立てまたは軽い製造をガイドするためのマルチレベルの部品表を生成します

分散注文管理

ユーザーが複数の可能なディストリビューターまたはサプライヤーから注文を調達し、注文を顧客に出荷し、配送パフォーマンスを分析するのに役立ちます

輸送管理

自動化された運送業者の選択

配達ごとに最も賢い運送業者とモードオプションを決定することにより、運送業者の調達プロセスを改善します

出荷の統合

ユーザーが各配送で負荷の統合を最大化するための最も効率的な方法を決定するのに役立ちます

ルートの最適化

地図、道路速度、交通情報を燃料コンプライアンス規制やモーダル制限と併せて分析することにより、最もスマートなルートを決定します

入札の最適化

包括的な入札レポートとニーズ分析を提供して、ユーザーがより費用効果の高い選択を行えるようにします

貨物の評価貨物

の重量、輸送モード、配達距離、およびその他の変数を分析することにより、貨物の配達コストを計算します

運賃支払い

ユーザーが請求書と出荷を照合し、運賃請求書を監査し、支払いエラーを減らし、自動マッチペイ決済の支払い許容範囲を確立するのに役立ちます

正しく在庫管理に関する様々なデータへすぐ確認できるか

上記の項目は全ての在庫管理に必ずしも必要な項目というわけではありません。この中の一部しか必要ないという事業者もいれば、これ以上にもっと細かい情報が必要という事業者も居るはずです。

ポイントは、自分の事業に本当にあった在庫管理システムとして成立するかどうか?という事です。

なので、ほとんどのシステムが、試しに使ってみないと分からないという事になります。

取り扱う製品の特性や、状況、倉庫の広さ、発送までに時間、問い合わせからのやり取りは、事業によって必ず変わるからです。

そのちょっとした違いがネックで、導入した在庫管理システムが使えないという事になることは、意外と少なくありません。

もうちょっとでいい感じだったのに・・使えなかった・・

でも、その時に料金が発生していると、無理にでも使わないといけないという意識も出てきてしまいます。

そうなると、本末転倒となることも…

だからこそ、在庫管理システムはお試しで利用できる期間があって試して運用して、場合によっては問い合わせたりして運用の仕方や、設定で対応できたりする部分もあったりします。

そういう所を詰める前に費用がかかるという場合はなかなか導入に至ることができないということはあると思います。

例えば、こちらの 低価格な在庫管理スステム であれば、お試し期間があって試すことができる在庫管理システムとなっています。

まずは、自分に合っているかどうか試してみてはいかがでしょうか?